入稿データ作り方/シール印刷・ステッカー印刷/シール印刷

テクニカルガイド/シール印刷の入稿データ作り方

シール印刷素材より オリジナルのシールをご注文いただいた場合には、お客様より完全データをご入稿いただく必要がございます。 完全データとは当社でデータに手を加えずに印刷可能なデータです。

ご注文後にマイページよりご入稿いただけます。
ご入稿データは弊社にてチェックを行ったあと校正紙をメールに添付をしてお送りいたしております。

※ご入稿データの差し替えは納期の遅れにもつながりますので、入稿データにお間違いがないか必ずご確認ください。
シールやステッカーの商品は複数点を同一カートに入れてご注文いただいた際に、一点でも再入稿の必要がありますと同一カートのすべてのご注文に遅れが生じますのでご注意ください。

対応アプリケーション

印刷データはIllustratorまたはPhotoshopにてご注文を受付しております。

illustrator CC対応 印刷データの作り方 テンプレート(ZIP)Win/Mac
Photoshop CC対応 印刷データの作り方 テンプレート(ZIP)Win/Mac

※1面でカットラインを付けてお送りください。
(1面とはご注文サイズのシール1枚分のデータ)
面付けはシール直送便にて行います。
※白印刷データの作成方法については白印刷についてをご確認ください。
※画像ファイル(JPG・GIF・TIFF・PNG・BMPなど)のご入稿は受け付けておりません。
※シールの四隅には加工の都合上、角丸0.5mmが付きます。


データのご用意が難しい場合はテンプレートよりWEBデザイン編集でシール作成が可能です。

Webデザイン編集 Webデザイン編集でシール作成

カットラインの注意点

ご入稿データには必ずカットラインを付けてください
カットの線がわかるようにレイヤーを分けて保存します

カットデータの作成方法

ご入稿いただくすべてのデータ形式で、カットラインをお付けいただくようお願いしております。
カットラインがなく、カット位置が不明確な場合、データの再入稿をお願いすることがございますので予めご了承ください。illustrator、Photoshopのすべてのデータでカットラインの付け方が異なります。

※カット位置に罫線がある場合には1mm以上の距離が必要になります。
加工の際に0.2~0.5mm程度カット位置がずれます。
枠のあるデザインは0.5mm程度、カット位置がずれるので抜きズレが目立つ場合があります。

①シールの端まで印刷内容が入る場合、カットラインより1mm外側まで塗り足しが必要です。
②切れては困る絵柄や文字はカットラインより1mm内側に収まるように作成してください。
(カットラインの線の太さは含めずに上下左右それぞれ1mm以上の余白を作成してください)
③角Rは0.5mm必要になります。

変形カットでパス数が20パス以上の場合は
商品の価格が変わってまいります

シールの形について

カットの断面について


レーザーにてカット加工を行っております。カット部分に色がある場合、 左の画像のようにカット面(シールの縁)が白くなります。
特に濃い色味の場合は貼付時に白が目立つ可能性がございます。
合成紙シールの場合はレーザーカットによりシールの縁が若干盛り上がります
ご注文前にレーザーカットのサンプルを確認していただくことをおすすめいたします。サンプル請求

白インクについて

オプションで「白インクあり」をご選択いただいた場合は
白インクデータの入稿が必要です

白印刷について

白インクデータは白インクオプションが選択可能な素材で「白インクあり」をご選択いただいた場合のみ
作成が必要です。白インクオプションが選択できない素材は白地素材ですので白印刷は不要となります。
白地素材は白インクデータの作成も不要です。

印刷の色について

印刷データはCMYKのカラーモードでご入稿ください

シール印刷の色について

シールの色の再現性につきまして、お客様にてご入稿いただきましたデータをCMYKの値を元に
フルカラーで印刷しています。
RGBカラーでの印刷は致しかねますのでご注意ください。