はじめてのシールデータ作成方法/シール印刷

はじめてのシールデータ作成方法

オリジナルのシールをご注文いただいた場合には、お客様より完全データをご入稿いただく必要がございます。 完全データとは当社でデータに手を加えずに印刷可能なデータです。

データはご注文時にご入稿いただく必要がございます。
※校了前にデータの変更を行う場合はマイページの購入履歴よりデータの差し替えが可能です。 ※ご入稿データの差し替えは納期の遅れにもつながりますので、入稿データにお間違いがないか必ずご確認ください。

シールやステッカーの商品は複数点を同一カートに入れてご注文いただいた際に、一点でも再入稿の必要がありますと同一カートのすべてのご注文に遅れが生じますのでご注意ください。

旧テクニカルガイドページはこちら「テクニカルガイド」

1, 対応アプリケーション

印刷データはIllustratorまたはPhotoshopにてご注文を受付しております。

2, カラーモード

CMYKカラーモードで作成をお願いいたします。

RGBカラーモードの場合、印刷時に色が変わるため再入稿をお願いしております。
色についての詳細はこちらのページをご確認ください。

カラーモードの設定方法については以下のページをご確認ください。

カラーモード

3, カットパスについて

カットパスはシールの実寸サイズ(ご注文サイズ)で作成してください。

印刷内容と別レイヤーでカットパスを作成していただく必要がございます。 角がある場合は製品加工の都合上、角丸0.5mmを付けさせていただいております。

四角や丸形、三角などシール1枚が19ポイント以内のカットラインは印刷加工費に含まれますので別途費用は不要です。 20パス以上の場合は別途費用が発生いたします。 20パス以上をご希望の場合はシールご注文時のオプションにてパス数をお選びください。

カットパスの作成方法については以下のページをご確認ください。

カットパス作成方法

4, 塗りたし・余白について

シールは印刷をしてからカットをします。 カットをする工程では、0.2mm~0.5mm程度のズレが生じる可能性がありますので、1mm以上の塗りたしもしくは余白が必要となります。

塗りたしについて

シールの縁まで色や画像がある場合は塗りたしが必要です。 カットラインより外側(上下左右)1mmずつ塗りたしを作成してください。塗り足しが無い場合はシールの地の色が出てしまいます。

余白について

切れては困る文字や図、枠線はカットラインより1 mm以上内側に配置してください。 カットラインから近い場合、絵柄が切れる場合があります。

塗りたし・余白については以下のページをご確認ください

塗りたし・余白について

5, 画像の埋め込み処理

Illustratorでは画像を配置する場合、埋め込みを選んで画像を配置してください。 埋め込み処理がされていない場合は当社で印刷内容の確認ができない為、再入稿を依頼しております。

画像の埋め込み処理につきましては以下のページをご確認ください。

埋め込み処理

6, 解像度について

ご入稿データに画像がある場合、解像度のご確認をお願いいたします。 解像度は「350dpi」以上が推奨です。350以下の場合、仕上がりに影響が出ることがあります。 また、画像自体にノイズがある場合はデータ通り印刷されますのでご注意ください。

解像度については以下のページをご確認ください。

解像度について

7, フォントについて

フォントは全てアウトライン化してください。データを開く環境によって、異なるフォントに置き換わったり、同じフォントが当社に入っている場合でも詰め文字の情報等が反映されないことがございます。仕上がりイメージと異なることがございますので文字は必ずアウトライン化をお願いいたします。

アウトライン化については以下のページをご確認ください。

アウトライン化について

8, 印刷の再現性について 

線幅は0.15mm以上に設定してください

線幅が0.15mm以下の場合、当社の印刷では線がかすれたり消えてしまう可能性があります。0.15mm以下のオブジェクトも同様に形が欠ける可能性がございます。

文字の最小サイズについて

文字高さ英数字で最小1.5(~1.0)mm以上、和文字、特に漢字は2(~1.5)mm以上で作成をお願いいたします。 また、角数の多い漢字の場合、文字の細かい部分は潰れる可能性があります。
※ロゴマーク、イラストも同様に、小さすぎる場合は潰れの可能性があります。

文字色について

淡い色味は再現することができない可能性がありますので、 データ内の色は3%以上の設定にしてください。

黒の色味につきまして

黒色印刷部分がK100%の場合、薄く印刷される場合があります。 濃い黒をご希望の場合は 「C」「M」「Y」「K」をそれぞれ100%(リッチブラック)にしてご入稿ください。

9, 白インクについて

白インクオプションが選択可能な素材で「白インクあり」をご選択いただいた場合、 白インクデータが必要となります。白インクデータはillustratorのパスデータで作成する必要がございます。

白インクデータについては以下のページをご確認ください。

白インクデータに関して

10, カットの断面について

カットイメージ カット断面イメージ

レーザーにてカット加工を行っております。カット部分に色がある場合、 左の画像のようにカット面(シールの縁)が白くなります。 特に濃い色味の場合は貼付時に白が目立つ可能性がございます。 合成紙シールの場合はレーザーカットによりシールの縁が若干盛り上がります ご注文前にレーザーカットのサンプルを確認していただくことをおすすめいたします。 サンプル請求