入稿データ作り方/シール印刷・ステッカー印刷/シール印刷

テクニカルガイド/シール印刷の入稿データ作り方

シール印刷素材より オリジナルのシールをご注文いただいた場合には、お客様より完全データをご入稿いただく必要がございます。 完全データとは当社でデータに手を加えずに印刷可能なデータです。
※弊社でデータ修正が必要になった場合には別途費用をご案内いたします。
※1面でカットラインを付けてお送りください。面付けはシール直送便にて行います。

白印刷データの作成方法については白印刷についてをご確認ください。

※画像ファイル(JPG・GIF・TIFF・PNG・BMPなど)のご入稿は受け付けておりません。

※シールの四隅には加工の都合上、角丸0.5mmが付きます。

対応アプリケーション

illustrator CC対応 印刷データの作り方 テンプレート(ZIP)Win/Mac
Photoshop CC対応 印刷データの作り方 テンプレート(ZIP)Win/Mac
Excel Excelの入稿データ
Webデザイン編集 Webデザイン編集でシール作成

データ入稿/シール印刷・ステッカー印刷

WEB入稿

データ入稿

ご注文完了後、こちらのページよりデータのご入稿をお願いいたします。
ご入稿いただけましたら、弊社にてデータチェックを行ったうえで
仕上がり見本の校正紙(PDF)をメールにてお送りいたします。

シール作成は印刷できるデータであることを確認してからの進行となります。

※ご入稿前にデータチェックリスト(PDF)をご利用いただきまして必ずチェックをお願いいたします。

※Word、PowerPoint形式でのデータ入稿は現在受け付けておりません。

※Excelでご入稿の場合には印刷データは文字のみの受け付けとなっております。

※圧縮時はzip方式にてお願いいたします。

※下記につきましてご入稿の時にご確認をお願いいたします。

  • ①Photoshop:解像度は原寸で350dpi以上
  • ②Illustrator:文字はアウトライン化
  • ③Illustrator:画像を配置する場合には埋め込む
  • ※CMYKにてご入稿ください。

ご入稿後、弊社にてデータチェックを行います。データに不備があり、修正が必要な場合には修正必要な箇所をメールにてご案内いたしますので、お客様にてデータを修正し、再度ご入稿していただく必要がございます。

データに不備があった場合は納期が遅れる場合がございますのでご注意ください。

※文字内容、デザインの確認は行っておりません。

シール印刷の色についてのページも合わせてご確認ください。

カットラインの注意点

ご入稿データには必ずカットラインを付けてください。
カットの線がわかるようにご依頼ください。

ご入稿いただくすべてのデータ形式で、カットラインをお付けいただくようお願いしております。カットラインがなく、カット位置が不明確な場合、データの再入稿をお願いすることがございますので予めご了承ください。illustrator、Photoshop、Excelのすべてのデータでカットラインの付け方が異なります。詳しくはカットデータの作成方法をご確認ください。

※カット位置に罫線がある場合には1mm以上の距離が必要になります。
加工の際に0.2~0.5mm程度カット位置がずれます。

①シールの端まで印刷内容が入る場合、カットラインより1mm外側まで塗り足しが必要です。
②切れては困る絵柄や文字はカットラインより1mm内側に収まるように作成してください。
③角Rは0.5mm必要になります。

シールをカットする際にカットライン(パスデータ)が必要となりますので
必ずカットライン(パスデータ)を付けてご入稿ください。
※弊社でカットラインを作成する場合、形状により別途費用が発生することがございます。

変形カット(複雑な形状、絵柄に沿ったカット)をご希望の場合はカットライン作成費が別途2,000円発生いたします。 ご希望の場合はご注文手続きの途中にあります「その他お問い合わせ」にご記載ください。

※変形カットでパス数が20パス以上の場合は商品の価格が変わってまいりますのでご了承ください。

カットラインについて、詳しくはシール印刷の形についてのページをご確認ください。