シールとステッカーの違い【オリジナルシール】/シール印刷

シールとステッカーの違い【オリジナルシール】

シールとステッカーの違い

シールとステッカーの違いについてよく分からず、ご依頼の際に困ったことはないでしょうか。

シール直送便では下記のように区別をしています。

シール =「屋内用途のシール」(ステッカー以外のすべてのシール)

シールは屋外用途に適した紙素材、またはフィルム素材に印刷を行ったものを指します。 独特の風合いのある和紙素材やナチュラルな質感が特徴のクラフトシールもございます。 シール直送便ではこれらの屋内用素材をまとめて「シール」と呼んでおります。 「合成紙シール」と「白PETシール」はフィルム素材ですので耐水性があるシールです。 それ以外は紙素材ですので、濡れる場所で使用するのには不向きな素材となりますのでご注意ください。 特に冷蔵品の表示シールなどの場合には「冷蔵用糊」のご用意がある「アート紙シール」もしくは「合成紙シール」をお選びください。 シール印刷は屋外用途には適しておりませんのでご注意ください。

こちらの印刷をご希望の方はシール印刷のページへお進みください。

ステッカー =「塩ビ素材で屋外用途のステッカー」

「ステッカー」は主に屋外で利用する際に適した素材に印刷を行ったものを指します。 シール直送便でのステッカー取扱い素材は塩ビステッカーの「屋外短期用」と「屋外短期用」の2種類があります。 どちらも屋外利用が可能ですが、使用期間によって素材をご選択ください。 「塩ビステッカー屋外長期用」は、ステッカー素材の中でも曲面の貼付に適した素材になっております。 ヘルメットなどの3次曲面に貼付を予定している場合には塩ビステッカー屋外長期用のご利用をおすすめいたします。 屋外耐候性は短期用で1~2年、長期用で3~5年となっております。

こちらの印刷をご希望の方はステッカー印刷のページへお進みください。

ラベル =「黒1色のみの屋内用途のラベル」

シールの1色の場合には屋内で使用する「ラベル」のカテゴリに入れております。 用途としてはシール印刷と同じになりますが、 ラベル印刷の場合には「黒1色の印刷、大量枚数での作成」といった印刷になります。

こちらの印刷をご希望の方はラベル印刷のページへお進みください。

シール印刷・ステッカー印刷・ラベル印刷の選び方

シール印刷、ステッカー印刷、ラベル印刷は使用用途によってお選びください。 適切な材料を選ばないと粘着剤が安定せずに剥がれてしまったり、色褪せや破損が起こる可能性もございますのでご注意ください。 また、正しい素材選択を行っていただくことで価格を下げ、格安印刷を行うことも可能になります。

まずは用途や貼付物の素材などをご確認いただきまして、材料をお選びください。

屋内利用か?屋外利用か?
屋内利用の場合→屋内利用に適したシール印刷
屋外利用の場合→耐候性の必要なステッカー印刷
印刷枚数は?印刷色は?
小ロット、フルカラーの場合→小ロットでフルカラー印刷に対応したシール印刷
大ロット、黒1色印刷の場合→大量枚数で1色印刷がお得なラベル印刷
※大ロットでもフルカラー印刷の場合にはシール印刷をご選択ください。
耐水性は必要?
耐水性が必要な場合→耐水性のあるシール印刷のフィルム素材
※耐水性と耐候性が必要な場合にはステッカー印刷をご選択ください。
耐水性が不要な場合→紙素材のシール印刷、1色印刷であればラベル印刷
シール印刷のシール直送便