タックシールをより簡単に印刷する方法/シール印刷

タックシールをより簡単に印刷する方法

タックシールを早く印刷するには

タックシールとは、物を管理したり、表示したりするのに使われる紙のシールで学校やオフィスなどでよく使用されています。 店頭に置いてある商品は少量で販売されていますが、シール直送便では大ロットでも作成することができます。

タックシールは通常ブランクラベルを購入して自宅やオフィスで印刷しますが、タックシールをより簡単に印刷する方法は印刷通販サイトに発注することです。 文字のみのタックシールであればエクセル入稿で大ロットでも印刷することができます。

大ロットのタックシール印刷

自分でタックシールを作成する場合、専用の用紙を買ってきてExcelなどを用いて印刷をしますが、大ロットで作成をする場合では印刷に時間がかかってしまいます。 シール通販でタックシールを作成すると用紙やプリンタの準備をしなくても簡単に作成することができます。

タックシールの作成事例

タックシールは主にオフィスなどを中心として活用できます。活用方法を下記に紹介します。

管理用のタックシール

オフィスで資料をまとめたファイルを管理するのに使えます。 ファイルはまとめて保管することもありますので簡単に識別ができないと時間がかかってしまいます。 タックシールを使うことで簡単に識別をすることができます。 大量のタックシールが必要な場合、自分で印刷をすると時間がかかってしまいますが、シール通販では作成にかかる時間を抑えられるので時間短縮に繋げられます。

備品用のラベルシール

会社の備品の管理としてタックシールがあると簡単に管理をすることができます。各備品の名称や品番やコードなどが異なっている上に備品はいくつもあるのでシールの作成に時間と手間がかかってしまいますが、シール通販では必要な情報があれば備品用のタックシールを作成できますので、本来社内で行うはずのシールの手配や印刷の時間を別の業務の時間として有効的に活用することができます。

使い道によってタックシールのスペックを変更して作れる

通常の糊のタックシールでは剥がした際に糊が残る、連番を印刷したい等のご要望のスペックを満たさないことがあるかと思います。 シール直送便では、ご使用の用途にあわせたタックシールも作れます。

ご用途に合わせてタックシールを作成

剥がせるタックシール

剥がせるタックシールは剥がした際に糊が残りにくいタックシールで、剥がした際に被着体からなかなか剥がせなくて糊が残ってしまったり、剥がした際に被着体が破れてしまうことが起こりにくくなります。 紙系のファイルやフォルダーやコピー用紙などに貼り付けても剥がす際に被着体が破れてしまうようなことを減らしたり、時間が経って剥がした際に糊が残ってしまうのを抑えることができます。

連番のタックシール

シール直送便では連番を印刷することもできます。タックシールに連番を印刷することでファイルやフォルダーなど同じような形のものを数多く管理する際に識別しやすくすることができます。

可変印刷のタックシール

数種類のものに管理をすると可変情報のついたラベルとなり通常では作成に時間がかかったり難しいものになりますがシール直送便では可変情報のタックシールの作成もできます。備品や商品の管理用途としてお使いいただけます。

ラミネート付のタックシール

通常のタックシールを長期間扱っているとボロボロになったり文字が見えなくなったりします。タックシールにラミネートをつけることで強度を高めたり、擦過性を高めることができます。頻繁に扱って持ち運ぶようなものに適しています。