Photoshopの入稿データでシール作成/シール印刷

Photoshopの入稿データでシール作成

フォトショップデータ入稿をご希望の方は下記のチェックポイントをご確認ください。

シール直送便では、基本的にはお客様よりご入稿いただいた完全データを印刷してお届けしております。
完全データは当社でデータに手を加える必要がない、そのまま印刷可能なデータです。
※データに修正が必要な場合は、修正必要な箇所をメールにてご案内いたします。
 印刷加工ができないデータの場合にはお客様による修正が必要となります。
※弊社でデータを修正する場合には別途データ作成費が発生いたします。

ご入稿いただいたデータをもとにお客様へ仕上がりイメージ(pdf)をお送りいたします。仕上がりイメージをお客様にご確認いただいてから印刷を開始いたします。

1.データ全般について

CMYKカラーモードで作成をお願いいたします。

データを作成する際はCMYKカラーモードでお願いいたします。RGB・特色・スポットカラーはご利用いただけません。印刷はCMYKとなります。
※RGBモードの場合、CMYKよりも表現できる色域が色相によっては多いため、RGBでしか表現できない鮮やかな色彩は混色での印刷をする為 彩度が低くなる場合がございます。

2つのレイヤーでご作成ください

印刷データとハーフカットデータをそれぞれレイヤーを作成してください。
各レイヤー名称は「ハーフカット」、「印刷データ」にて作成をお願いします。

  • ■ハーフカット・・・台紙を残してシール本体部分だけをカットします。
  • ■印刷データ・・・印刷内容のみ全てこのレイヤーに結合してください。

塗りたしはハーフカットラインより1mm外側まで必要です。

シールを切る工程(ハーフカット)では、0.2mm~0.5mm程度のズレが生じる可能性がありますので 仕上がり線(ハーフカットライン)まで色や画像がくる場合には「塗りたし」が必要です。 カットラインより外側(上下左右)1mmずつ塗りたしを作成してください。 塗りたしが無い場合はシールの地の色が出てしまいます。 切れては困る文字や図はカットラインより1mm以上の距離が必要です。

切れては困る文字や図はカットラインより1mm以上内側におさめてください。

シールを切る工程(ハーフカット)では、0.2mm~0.5mm程度のズレが生じる可能性がありますので 切れては困る文字や図はカットラインより1mm以上内側に配置してください。 カットラインから近い場合、絵柄が切れる場合があります。

線幅は0.15mm以上に設定してください。

線幅が0.15mm以下の場合、当社の印刷では線がかすれたり消えてしまう可能性があります。 0.15mm以下のオブジェクトも同様に形が欠ける可能性がございます。 特に白抜きの線はかすれやすいため、線を太くすることでかすれを抑えられます。

文字の最小サイズについて

文字高さ英数字で最小1.5(~1.0)mm以上、和文字、特に漢字は2(~1.5)mm以上で作成をお願いいたします。 また、角数の多い漢字の場合、文字の細かい部分は潰れる可能性があります。
※ロゴマーク、イラストも同様に、小さすぎる場合は潰れの可能性があります。

色は3%以上に設定してください。

データ内ご使用の色は3%以上の設定にしてください。グラデーションの場合も同様にお願いします。 グラデーションの場合、色差が少ない部分ははっきりと印刷されない可能性があります。 また、1~2%の繊細な設定の場合も色がはっきり出ない可能性があります。

2.サイズについて

一辺の最小サイズは1cmからとなります。

シールのサイズの幅は、1cm以上で作成してください。 一辺の最大サイズは90cmまでとなります。 シールの加工できる最大サイズは、90㎝×31.5㎝です。

入稿データについて

入稿データは必ず、シールの仕上がりサイズ(原寸)で作成してください。
※画像の解像度が350dpi以上となるようにお願いいたします。

3.ハーフカット(製品を切り抜く線)について

ハーフカットはパスで作成してください。

印刷内容とは別に、ハーフカットラインをペンツールで作成してください。 Photoshopで作成したパスをIllustratorのパスとして使用いたします。 ブラシツールなど描画ツールされた線はカットラインとして使用はできませんのでご注意ください。

四角や丸形、三角などシール1枚が19ポイント以内のカットラインは印刷加工費に含まれますので別途費用は不要です。 20パス以上の場合は別途費用が発生いたします。 20パス以上をご希望の場合はシールご注文時のオプションにてパス数をお選びください。

変形パス(複雑なカット形状)について

鋭角部分はきれいにカットできない可能性がございます。
変形パスの場合は角丸1mm以上付けるときれいに仕上がります。

角丸のご案内

枚数が多い場合には、製品加工の都合上、角丸0.5mmを付けさせていただいております。
(角丸が無い方が良い場合にはご相談ください)

4.統合について

ハーフカットレイヤー以外の印刷レイヤーは全て統合して1つのレイヤーにしてください。

ハーフカットレイヤー以外の印刷レイヤーは全て統合して1つのレイヤーにしてください。 テキストレイヤーはラスタライズされて画像となるため、Illustratorのようにフォントのアウトライン化する必要がありません。
テキストレイヤーや非表示レイヤー等の不要なレイヤーを残しておくと、トラブルの原因となることがあります。

「レイヤー」メニュー→「画像を統合」、もしくは「レイヤーパレット」のサブメニューから「画像を統合」を選択してください。

5.解像度について

印刷に適した画像データの解像度は原寸で350dpi以上となります。

(カラーモードがグレースケールの場合:600dpi、モノクロ2階調の場合:1200dpiを推奨します。) Photoshopでピクセル数の少ない写真を拡大して高解像度画像にしても、きれいな仕上がりにはなりません。 あらかじめ高解像度スキャナーや高画素数のデジタルカメラで取り込んだ写真をご使用ください。 データを作成する際は原寸サイズで解像度(305dpi以上)となるよう指定してください。

解像度の確認方法:「イメージ」より「画像解像度」を選択すると解像度の確認ができます。

6.ブラック(k)1色刷り面について

グレースケール(CMYKのK版のみを使用した色指定)で作成してください。

「C」「M」「Y」「K」全てに色を入れるリッチブラックや4色ベタは使用しないでください。
配置する画像はPhotoshop等で、グレースケールモードに変換してください。

グレースケール変換方法:「イメージ」メニュー→「モード」→「グレースケール」を選択

7.保存について

余分なパス、レイヤーは削除してください

保存の際は、ハーフカットレイヤー以外のレイヤーを統合し、アルファチャンネルや余分なパスを削除してください。 レイヤーを統合することでご使用のフォントも統合され、画像化されます。

8.仕上がり見本を添付してください

スクリーンショットを印刷データと一緒に入稿してください。

スクリーンショットはご入稿データの確認用として使用いたします。

< ウィンドウズの場合 >

  1. キーボードの「Print Screen(PrtScr)」キーを押します。(画像が保存されます。)
  2. ペイントを起動します。   スタート > プログラム > アクセサリ > ペイント
  3. 編集メニューから、「貼り付け」を選びます。
  4. 保存します。(データ名:スクリーンショット)

< マッキントッシュの場合 >

  1. 「Command(アップル)」 キー、「Shift」 キー、「3」 キーを同時に押します。
シール印刷のシール直送便