色について【シール印刷/ステッカー作成】/シール印刷

色について【シール印刷/ステッカー作成】

シール印刷ではお客様にてご入稿いただきましたデータをCMYKの値をもとにフルカラーで印刷しております。 印刷時の色味について注意点がございますので本ページの内容をご確認ください。

データのカラーモードによる色味について

液晶などの画面ではRGBモードでの色表現となり、 シール印刷の色(CMYKモード)とお客様が見ている画面の色(RGBモード)とでは色味が異なります。

CMYK変換イメージ

※画像はデータ上でCMYKに変換した際のイメージです。
実際の仕上がり色とは異なりますのでご注意ください。

ご入稿データがRGBモードの場合、色相によっては表現できる色域が多いため、データをCMYKモードに変換してシールを作成いたします。 RGBカラーの色味、特に明度や彩度の高い色味は全体的にくすんだ色合いになり、やや濃くなります。 黄色系統の色味は色のくすみが目立ち、黄緑がかった色になることがございます。 シール直送便では、このような色の変化によるイメージの相違がないよう、可能な限りCMYKデータでのご入稿をお願いしております。

Excelで作成したデータ、画像データはRGBモードとなりますので印刷データ作成時にCMYKモードに変換し色味が変わりますのでご了承ください。 Illustrator、Photoshopでデータを作成する場合にはデータを作成時にCMYKモード設定での作成をお願いいたします。 RGBモードで作成した場合はCMYKに変換する必要があるため色味が変わってしまいますのでご注意ください。

シールの材料による色味について

シール印刷の色はの材料によっても変わってまいります。 アート紙シールやミラーコート紙シールは印刷の適性が高いので色の再現性に優れております。 上質紙シールや和紙シール、銀龍シール、雲龍シールは色味が若干薄く出力される特性がございます。 クラフトシールの場合は材料自体が茶色っぽい材料ですのでインクと材料の色が掛け合わさり若干色味が沈む特性がございます。 また、ラミネートの選択が可能な材料ではツヤラミネートまたはマットラミネートを選択できますが、 マットラミネートの場合には、ラミネートの特性上色味が若干薄くなります。

色合わせについて

シールの印刷では、会社や店舗のロゴマークをデザイン内に配置したデザインでのご依頼を多くいただきます。 ロゴマークなどでは、マーク内に使用している色(赤や黄色、青など黒系統以外の色味)に指定の色がある場合もございます。 指定の色味があるデータでは、印刷時に「色合わせ」を行ってシールを製作することも可能です。 指定色合わせのオプションを行わない通常のオリジナルシール印刷では、ご入稿のシールデータをそのまま使用した色にて製作を行っておりますが、印刷機や素材の特性によりお客様が想像されている色味と異なって仕上がることもございます。 シールの仕上がりの色味にご指定がある場合には色合わせのオプションを追加してシールを作成していただくことをおすすめいたしております。

色合わせを行う際には、色見本として発行されておりますDICの特色カラー等をご指定いただく方法が一般的となります。 それだけでなく、お客様にて作成希望のシールの色味と同色の現物(シール以外、パンフレットなど色味が分かるもの)の見本をお送りいただくことも可能です。 いずれかの方法にて色見本をいただけましたらシール製造時に色味を合わせた作成を行います。 ご不明な点や不安な点、サンプルの種類に問題がないかなど、お問い合わせいただけましたらスタッフがサポートいたします。

色合わせでは1色ごとに追加の料金が発生いたします。(追加料金は5,000円です。)基本の印刷代金はサイト上の価格表の料金と変わりはございませんが、別途費用が追加されますので予めご了承ください。 また、色味によっては印刷機で再現できない色であったり、素材との相性により出力ができない色の場合もございます。 ご注文いただく前にお問い合わせいただけましたら色味の確認、また色合わせ料金を合わせたお見積りのご案内も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

再注文時の色味について

前回ご注文の印刷サンプルをもとにシール印刷時に色味を確認しておりますが、 温度、湿度などの影響により若干色味が変わる場合がございます。 また、一度作成したシールと同じ印刷データで材料を変更し作成する場合には、色の値は同じでも色の出方が変わってまいりますのでご了承ください。

シール印刷のシール直送便